人気ブログランキング |

Trash-b

<   2008年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

それはそれで憂鬱な梅雨の月の最後の日

じめじめしてきたと思ったけれど、
もう明日から七月なのだな。
年々、季節を追う事が出来なくなっているような気がする。
外に出る回数も時間も少なくなっている。
道ばたに顔を出す紫陽花の事を見て気が付く事もあるけれど、
その時間以外はあらゆる人間界の外の事を忘れているような気がする。

毎日毎日ニュースをながめていても、
たいして楽しい話は無い事に気が付く。
人に知らせなければならない第一の事は
危険な事や悲痛な事、気が引き締まるような出来事が多く、
優しくて楽しい情報は、それらの緩衝剤のように送られてくる。

あるいはバラエティ番組のように明るく眩しく作られているものは
救いにはならない。
何かから逃避する事は出来ても。

中古のCD屋さんで昔のCDを買った。

Automatic for the People
R.E.M. / / Warner Bros.
by trash-b | 2008-06-30 23:24 | 日常

近所の飲み屋で意味なく乾杯。

まずは生ビール(中)ですよ。
妻と一緒なので「ナマチュウふたつ」って妻が言います。
ウチは注文は妻がします。
お酒を頼んだのでお通しが来ます。

「クジラの刺身」が先に来てしまいました。
近頃生ものにヤられる事が多いのでちょっと辛抱します。
その間妻がぱくぱくと食べます。
ショウガとニンニクのおろしで頂きます。
「マグロカツ」が来ました。とりあえずこれを先に食べます。
梅ソースを絡めてかなりやわらかな酸味がくちに広がります。
「ししゃも」は定番。
「かんぱちカマ塩焼き」「茹でそら豆」を追加で頼み、
それから「八海山本醸造」。
日本酒は種類がたくさんあるので挑戦的な気分の時は
いろいろな種類を飲みたい気分になるのですが、
今日は何も思わず料理を食べたかったので、口当たりさわやかな八海山で。
骨のスミまでカマを食べ尽くしたらシメにおにぎり。
妻が梅、僕は高菜を。
本日雨の日サービスでみそ汁付き。これがたまらない塩気で体に染み渡ります。

気が付いたらお店は二人だけになっていました。
日曜のしかも雨の日だからかしら。
お茶を飲んでお会計。
ああおいしかった!
by trash-b | 2008-06-29 23:30 | 食べ物

僕のために作る

f0028928_0504933.jpg

なんだか分かるかなぁ。
雲形定規やテンプレートなどの入れ物なのですが。
見ての通り、元はファイルなんかを入れるケースで、
だいぶ昔から使っていてくたびれたものです。
ここに定規類を放り込んでいたのだけれど使いにくい。
使う時にどこに何が入ってるのか確認しずらい
ので、ポリウレタンシートで埋めてみた。
シートの間に定規が挟まるという作り。

似たような作りの「テンプレート立て」は売ってるんだけど、
なんだか小さいのしか無いから困っていて。
無いなら、もしくは高いなら、作ってしまえ、と。
自分だけが使うものだ、どうにでもなる。
シートは300円ほど。安いもんだ。

同じく50センチの定規を入れる筒が欲しくて
ポスターなどを入れる紙筒で作る。
30センチくらいのペン立てがあれば便利だけど
そんなのどこ行ったらあるのか分かんないし。
あるのかも分かんないし。
by trash-b | 2008-06-28 23:35 | 趣味

文、冬の時代?

産經新聞のお試し版がポストに入っており、
広げてびっくりする。
文字の大きさだ。
近頃の風潮に倣うわけではないが、
新聞を取らなくなって久しい。
文字がどんどん大きくなってきている話は聞いていたが、
こんなに大きくなっているとは思わなかった。
記事を書く記者さんたちも大変な苦労だろう。

物事の芯を撃ち抜くような気持ちのいい文章は
簡単に書けるものではない。
ネットが普及し、誰もが文章を書くようになってもそれは変わらない。
プロの物書きでない人の、すっきりとした気持ちいい文に出会える事が時々ある。
やはり才だな、とため息をつく。
しかしプロなら当然もち得るその才をもってしても、複雑な物事を伝えるにはある程度の量が必要なはずである。はたして今の新聞には必要な情報量があるのか、
購読者なら知っているのだろう。

物事の芯を撃ち抜かなくても情報が伝わる場合もある。
つまり、輪郭を丁寧に描く事で本質を浮き立たせる事である。
当然いくつかのポイントを押える必要があり、
文量も多くなる。

……厳しい時代だな。
by trash-b | 2008-06-27 23:21 | 日常

忘れた頃にやってくる。

例えば何か雑誌などを読む。
そこに本が紹介されている。
あるいは誰かが何かの本の引用をする。
そこに惹かれ、Amazonで欲しいもののリストに入れておく。
Amazonでは1500円以上送料無料になるので、
何か欲しい本が金額に見た無い場合、欲しいもののリストから適当なモノを
選んでいれる。そろそろ読もうかな、と思ったものなど。
そして届く。
読み始める。
(この本はどうして欲しいと思ったんだったけかな……。)
興味を持った所までは覚えているが、どんな興味だか忘れている事がある。

アイヌ神謡集 (岩波文庫)
/ 岩波書店
ISBN : 4003208013
by trash-b | 2008-06-26 23:48 | 日常

説明不要見たマンマ地味なゲーム

結局先日からずっと「ウィザードリィ」というゲームをしているのです。
知ってる人は苦笑い、
知らない人はなんだそれ、「ウィザードリィ」しかも1。
食べ物ではありません。昔のRPGです。

なんか昔好きだった漫画や映画を見るのと同じなので、
「嫌だな」って思う所もあるわけです。じじいの盆栽みたいで。
いや盆栽はちがうか。なんて言うんだろう。ただの鮮度の問題なのですが。
夫婦でそれぞれパーティを作り、迷宮に潜っている辺り
だいぶゲーム好きの老夫婦の未来が見えるような。

もっとまずいのはお互い出会ってなかった頃に得ていた
ウィズ知識を出し合って、攻略本とか古本屋で探そうぜってことになったり
小説本のアレはほしいね、とか。
ハマってんじゃん…というところが。

ま、今日も迷宮に入るのですが。
当然一度に一人(1パーティ)しかプレイできないので
取り合いです。
by trash-b | 2008-06-25 23:22 | 趣味

さがしもの

テレビゲームをやるための中古のテレビを探している。
小さい画面の小さいテレビ。
液晶の小型を買うほどお金はかけたくないし(だってテレビみないし)
やっぱりファミコンはブラウン管(レトロなこだわり?)
まぁ実はそれほどのこだわりは無いのだけど
場所も財布も圧迫したくないわけで。
部屋に何も無いのが理想の僕だけど
意外に自分でも知らない物欲で部屋は「何も無い」ほどではない。
増えるモノには頭がイタイ。
by trash-b | 2008-06-24 23:48 | 日常

ふしんなおとこ

郵便局に入っていった妻を外で待っていた。
郵便局の入り口そばにはやや紫がかった青いあじさい。
デジカメでもと思って頭をかく。僕はダメなんだ。
いつも愚痴ているようにカメラを持ち歩けない。

見上げるほどには大きな樹が立っており、
僕は何か無いかと周りをうろうろした。
死んだてんとう虫と、てんとう虫の抜け殻がいくつか。
彼は、その一人かもしれない。
木の上にも何か無いかと見上げていたら、
郵便局から出てきた見知らぬおばさんに
「何かいるんですか?」と問われた。
僕は苦笑いしつつ、「何かいたらな、とおもって。」と答えた。
まったく不審な男だ。

f0028928_0263342.jpg
by trash-b | 2008-06-23 23:30 | 日常

日曜日の早起きできなかった午後のはなし

六月二十二日 雨
東京は雨でした。
関東はだいたい雨だったのでしょうか。
日曜日だっていうのにがっかりした人もいるでしょう。
雨の日は早起きしたいのですが、昼ぐらいまで寝てしまいました。
なぜ早起きしたいかって言うと、朝ご飯を終えてゆったりした時間に、
窓を少し開いて雨の降る音を聞くのが好きなのです。
テレビも消して、床に座って、じっと遠くを見るのです。
午後になるとさすがに人が動き始めて、
雨の音にその音が紛れ込みます。静寂の時間は終わり、
僕も何かをし始めます。

スーパーに買い物に出かけました。
かごに必要な品物をすべて入れ、レジに行くと
妻が財布を忘れた事に気が付き、慌てて帰る事に。
僕は近くのレンタルビデオ屋さんでのんびりタイトルをながめていました。

早起きじゃなかったからかもしれません。
早起きだったらもっと落ちついていたかもしれません。
けれど雨の日はほんのすこし眠いものです。
by trash-b | 2008-06-22 23:45 | 日常

僕はいまだに大人じゃない気がする

イエメンを特集した世界遺産がテレビでやっていて、
成人男性はみなジャンビーアという半月型の短剣を
腰に差すのだと言っていた。
息子にふさわしいジャンビーアを与えるお父さんは
威厳があって大きくてカッコいいな、と思った。
「これで息子も一人前の男だ。家族を守る強い男になるんだ。」
嬉しそうな父。息子も期待に答えるかのように顔を引き締める。

日本には成人の印がないね。
形ばかりの成人式は精神を引き締める気がしない。

岩波書店の「アイヌ神謡集」の一番最初の歌の
註に「昔は男の子が少し大きくなると小さな弓矢を作って与えます」と。
これも強い男になるための一つの印でしょう。
日本だったら自転車を買ってもらうのに近いのかな。
でも自転車が大人の第一歩と考える事はあまりないかも。

試験、資格にするわけでなく、
近くの誰かが認めてくれる印を得る事は、
実は大事なんじゃないかと思います。
「今日からお前も大人だね。」
そう言われる事が大事なのではないかと思います。
by trash-b | 2008-06-21 23:57 | 日常