人気ブログランキング |

Trash-b

<   2007年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

カミキリムシ

f0028928_23451984.jpgカミキリムシ。
本当にどこの田舎だろう。周辺の昆虫を撮ってまわるだけでネタが集められる。この日記を昆虫日記にするつもりは無いけれど。
何だか昔住んでいたところに似ている。カミキリムシにもよく出会った。


◆家族特集?
ガルシア・マルケス「百年の孤独」(小説)
フランシス・フォード・コッポラ「ゴッド・ファーザー1&2」(映画)
デヴィッド・リンチ「ストレイト・ストーリー」(映画)

例によって未読の本の山からと、未視聴の映画の山から
無作為に選んだら、共通点「家族」だったって話。
個別に見るとちょっと違うのかなーとも思うけれど、
並べて見たので、ちょっと家族について考えたりしました。
by trash-b | 2007-07-31 23:40 | 日常

ホームランバー

先日嘘日記の方にアイスの「ホームランバー」を食べていると言う記述をしたため、
何だか食べたくなってコンビニやスーパーをうろついてみたのだけど、見つからない。
もしかして生産していないのかと思ったが、
しっかりホームページがある。売ってないわけではないらしい。

そんなに頻繁に駄菓子を食べる方ではなかったので、
記憶も薄いのだけど、昔はけっこうどこでも売ってたような…。
最近はハーゲンダッツも種類が多いし、高級アイスの種類も増えたしなぁ。
なかなか売り場を獲得するのも大変なのかな?
by trash-b | 2007-07-30 23:43 | 食べ物

世の中が動いてる

夕方辺りから、テレビの中の人たちがざわついていた。
選挙か。

昨晩27時間テレビで、さんまと中居のぐだぐだ番組を見ていて、
どうしようもなく眠くなってしまったので、おもしろかったのに泣く泣く布団に入った僕の今朝の目覚めはあまりよくなく、ややぐったりした感じで一日が始まった。

それから雨雲と雷がやって来て、パソコンが稼働中だったため、ややヒヤヒヤしながら、
でも雷落ちてどうなるのかよく知らないや、みたいな頭悪い子だった。
出来事は経験しないと分からないのだ。

幸い雷が落ちることもなかった夜から、選挙番組スタート。
僕は買ってもらった硯に墨を溶かし、半紙に「選挙」と書いた。
いまいちの出来だったな。

f0028928_23361957.gif

by trash-b | 2007-07-29 23:37 | 日常

一日一日暑くなる。

ダンゴムシが死に絶え、蟻がいくつも巣を作りはじめていた。
春先に見た生態系だ。ダンゴムシが増えはじめた頃、蟻の巣を見かけなくなってどうしたのかと思っていた。何か関連があるのか?

近所ではあまり夏休みらしさを感じないのだが、
テレビが伝える各地のイベントは夏らしい。
隅田川の花火とか。この夏は遊びにいくのはもう少し先になりそう。

家族にまつわる本や映画を立て続けに見たせいで、
それについて考えている。
やさしいものであると同時に厄介だ。
全力で守ってくれたりするが、過剰に甘えが生じたり、意見の食い違いが他人よりもトラブルを起こしやすかったり。身近なぶん、遠慮がない。
時に、最も大事なつながりを失ってしまったりする。
僕には兄弟はないけれど、両親は当たり前にいる。数はもんだいではなくそれも家族だ。大事にしたいな。
by trash-b | 2007-07-28 23:24 | 日常

インドア派

f0028928_1251116.gif

タイ料理人気みたいですね、夏のせいか。
グリーンカレーなんかおいしいですね。あの辛さ。
妻が好きなんでお店に連れてかれて味を覚えましたが、調子に乗って食べると僕は体を壊します。ハンバーグ&ライスカレーみたいな家庭料理で育った僕にはなかなか刺激的なメニューへの耐性が低いらしい。

体力不足への対策として、とりあえず今日の晩ご飯は一足早いウナギにしました。
…あと三回くらいは食べないと追っ付かなそう…。
by trash-b | 2007-07-27 23:32 | 日常

蝉の声

蝉の声と言えばなんと言ってもヒグラシなんだけど、
ツクツクボウシもいいね。
アブラゼミなんかはホントに遠慮なくうるさいんだけど、
夏に初めて聴くと悪くないね。
夏が来たって感じで。

家の側にある樹にアブラゼミの声がしたのは今日の夕方、
まあそれだけでかなりうるさいんだけど「蝉だっ」ってわくわくする。
辺りが少し薄暗くなってきて、写真に撮ろうと目を凝らしていたんだけど
結局どこにいるか分からず。
分からないうちに飛び立ってしまった模様。

蝉と言えば今ちょっと欲しいのが蝉の幼虫の冬虫夏草。
蝉の幼虫にキノコが生えてるアレです。漢方薬にもなる。
ちょっとコレクションとしてほしいのです。
妻は絶対嫌がるだろうけど。
by trash-b | 2007-07-26 23:48 | 日常

星の王子様の読者は

星の王子さま
サン=テグジュペリ / / 岩波書店
ISBN : 4001140012





義妹が家にやって来た時に、何か本を借りたいというので、本棚を漁らせていたのだけど、その中から選んだ一冊。「星の王子さま」

有名な本、ということになっている。なので僕も良い大人になってからだけど読んでおこうと思って読んでいた。
「読んだこと無いの?」
「ないです。」
義妹は読書に馴染みがないというタイプではなく、意外な気がした。
しかし周りに聞くと読んでいる人間の方が少ない。名前は知っているが読んだことは無い、と言う。

夏目漱石の「こころ」といえば、教科書に載っていたという人も多く、全く読んだことがない、という人は少ない気がする。が、「星の王子さま」に出会うためには人生の道を選ばないとなかなか出会えないものらしい。
それでも最近の新訳で何種類も出版され、この機会に読んでみた人も多いかもしれない。僕はやっぱり最初に読んだ岩波書店版がしっくりくるけれど。

あなたは読んだことありますか?
by trash-b | 2007-07-25 23:04 | 趣味

山崎

で、(で、って入り方もどうかと思うが)
一昨日の日記に書いた「秒速5センチメートル」の主題歌が山崎まさよしの「One more time, One more chance」だったため、久しぶりにアルバムを引っ張り出して聴いていた。

HOME
山崎まさよし / / ポリドール
ISBN : B00005FJU0


聴いてから、しまった、と思った。
「山崎まさよし」の僕の中の歴史としては、
「ものすごくやさぐれている時に暗闇で静かに聴くような曲」であって、
やさぐれていたあんな頃やこんな頃やその他諸々が脳の引き出しからどっぷり逆流し、一気に目の下にクマが出来そうな気持ちになってしまうのだった。

ところで「山崎」っていえば、最近シングルモルトウィスキーの「山崎」ってちょっと気になるんだよねぇ。僕自身はウィスキー飲まないんだけど、時々雑誌なんかでおじさんがおいしそうに飲んだり語ったりしているのを見ると、ちょっと羨ましいんだよね。
おいしいのかな。
ま、軟弱な男である僕にはガラじゃないんだけどね。
by trash-b | 2007-07-24 23:48 | 趣味

「集中」

「ピクロスDS」を全問クリアーしてやっと解放された。
ゲームってどうして最後の方で飽きてしまうんだろう。
始めた時はあんなにわくわくしていたのに。

ああ、やっぱりあの人はなんにもわかってないな。そんなことを考える自分は嫌いだ。

レコーダーに入った映画を一本観た。
やっぱり正月に録った映画で企業の謹賀新年CMが入ってた。
映画はおもしろかったのだけど、二時間の間でやっぱり飽きてしまう。
僕は集中力がないのだろう。

上司が出来ないことを平然とやってのける部下は素敵だ。

抹茶カステラを食べながらテレビを見た。
こないだ包丁でカステラを切ったら上手く切れなかったので、
パン切り包丁を使ったらわりと綺麗に切れた。

ただ上司の出来が悪いと能力を発揮出来ないのが心配だ。

墨を知らなかった無知な僕に妻が墨を買ってくれた。
いや、でもそれどうするのさ。「何か書きなよ。」何を?
「集中、とか。」
それはいいかもしれない。他には「努力」「友情」「勝利」、とか?
by trash-b | 2007-07-23 23:13 | 日常

秒速5センチメートル

秒速5センチメートル 特別限定生産版 DVD-BOX
/ コミックス・ウェーブ・フィルム
ISBN : B000MQCT1U





届いたDVDを観た。
今どきブログで作品の評価をするほどくだらないこともないし、
そんなに僕が偉いわけでもないので、作品内容に直接関する感想はここでは書かない。

ただ思うのは、この恋愛物語の連作短編というものを観て、
僕の中にも思い出す過去の出来事があったのだなぁと実感したこと。
恋愛がもたらす盲目的な世界を僕はもう味わいたくないし、
初恋の儚いことも知りたくないし、
要するにありがちな感情に流されてしまったとも言えるのだけど、
自分の中にもかつてあったものの再発見は非常に有益だと思った。

(まぁ結局恋愛とかしちゃった果てに結婚という結果もあるわけだし)

嘘日記で恋愛相談をされる人の話なんか書いてみても所詮は理屈で作り上げたことに過ぎないし、本当は、もっと、感情的な出来事のはずなんだよな、と思ったのだ。
いや、客観的に見てしまえば例えば現実の他人の恋愛なんてさほどの感情を見いだせないものだが、想いを抱える当事者の心の中では嵐のような感情があるわけだ。

それを僕はすこし取り戻したような感じがしたわけです。
by trash-b | 2007-07-22 23:50 | 趣味