人気ブログランキング |

Trash-b

<   2007年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

卒業祝い

三月に大学を無事卒業出来た義妹と三人で夕食。
義妹はその前の二月から一人暮らしも始めており、快適ながらも寂しいとのこと。
おとなしく、たくさんの友人に囲まれるタイプではない彼女のこと、そうかもしれないね、とビールを飲む。

だらだら三人で喋っていたら12時を回ってしまい、
6時から飲みはじめた僕たちの宴会は当初の「卒業祝い」からずいぶん逸れたところで終了。

終わり間際の議題は
「パロディの同人誌ははたして『他人のふんどしで相撲をとる』なのか?」
うーん、よっぱらい。
by trash-b | 2007-03-31 23:01 | 日常

花見

久しぶりに新宿に出る用事があったので、新宿御苑へ花見。
じつにいいタイミング。
東京の満開間もない桜を堪能して参りました。
が、デジカメを忘れて行きました。
せっかく行ったのに…。
まぁ毎年似たような写真を撮ってしまうのですが。
正直、写真だけ見てもいつの写真か分かりません。
場所が違えばなんとか分かりますが。ああ、これは上野、これは御苑、など。

こういうところでの僕の楽しみはカップル観察。
あ、あの女の子かわいい服着てるな、とか
男の子背ぇ高いなーとか。
男も女も互いに見せる無防備な表情とか、
熟年の仲睦まじい…のかよくわからないしぐさとか。
美しいものの前ではみな素の姿に戻る、そんな感じ。
by trash-b | 2007-03-30 23:15 | 日常

お店は知っている。

7年か8年くらい前に、好きだった人に連れられていった
雰囲気のいい喫茶店があって、思い出して行ったのです。

そこは挽きたての珈琲を素敵なカップに入れて出してくれる店で、
その彼女に教えてもらわなかったら、僕は一生入ることのないような店です。
店に入ると、昔の雰囲気そのままで、ただ従業員の顔ぶれだけは違っているようでした。
そりゃあ、もう、僕が連れて行ってもらったのは昔ですから。

普通のブレンドコーヒーを注文しました。
同じ味がしたように思います。
本当は全然覚えていないのだけど、それはたぶん、緊張の味なのです。
せっかくのコーヒーを飲んでも、少しも味が分かってないような、
そういう「僕自身が感じる」味です。

他人と付き合うということは、その誰かの歴史や知識を取り入れることです。
知らないことを知り、知らない場所を知り、知らない言葉を知り。
いつのまにか、互いの文化を交換・共有している。

また行けるといいな。
by trash-b | 2007-03-29 23:28 | 食べ物

思い出から一枚

f0028928_2354481.jpg


最近写真撮ってないなー、と思ってパソコンの中を漁っていたら
ステキな一枚を発見。いやぁ、心の伝道ですね(笑)

これを見て、自分の胸に手を当てる人、
おしゃべりなアノ人の顔を思い浮かべる人、さまざまでしょう。
ほら、あなたの脳裏にもあの人の顔が!
そうか〜あの人、やっぱりなんにも考えてなかったんだなぁ、とか。

逆にね、普段おとなしくしていてよくわからないひと、というのもおるでしょう?
「何考えてんの?」って聞いてみるといいかもしれませんね。
びっくりするような答えが返ってくるかもしれません。
by trash-b | 2007-03-28 23:46 | 趣味

三月ももうすぐ終わるけど

三月は鬼門、というか2月27日の誕生日の近辺は本当に身体を壊しやすいのである。
この日記をさかのぼること一年前、2月28日の日記にはやはり下痢に苦しむ自分の姿が見られる。なのでいつもこの辺りは気をつけているのだけど、この二日程で遅れてやって来た腹痛。べーつーにーなんにも悪いもの食べてないのに〜。
ぐったりこたつで暖まるしかなく、本を読んだりしていた。
こういう時に、養生料理のひとつでもさらりと日記に書いて「腹痛の時はコレに限る。」なんて言えるとカッコいいのだけど、僕の見聞の狭さではそれもかなわず、せいぜい「うどんに卵入れて食べました。」くらいなもので。
誕生日の近辺は本当に身体が弱る。なぜかしら。

話は変わって、フィギュアスケートの安藤美姫が金をとった影響でコーチ・モロゾフが頻繁にテレビのワイドショーで見られたが、それを見ていた妻が何を思ったか
「ねぇ、ウチのウィンドウズの名前『モロゾフ』にしようよ。」と訳の分からないことをいい、僕も訳の分からないまま、金メダルの盛り上がりにのせられて、「ああ、そうだね。」と言ってしまい、ついでにコンピューターの名前を『モロゾフ』に変更した。

「そうだ、読まなきゃならない!」
そう思って本棚から取り出したのは一色信幸×山本直樹「僕らはみんな生きている 1〜4」。なぜか一息に読み干し、満足。こんなにむさぼるように漫画を読んだのは久しぶり。何だか好きな漫画。

僕らはみんな生きている 1 (1)
一色 伸幸 / / 小学館
by trash-b | 2007-03-27 23:39 | 日常

女の子と映画

よくあるでしょう?
デートで映画って。
よくあるでしょう、って僕はやったことないのだけど。
妻とは行ったことありますよ。
でもドラマやゲームなんかでよくある
「付き合って間もない二人の映画館デート」みたいのってありませんでしたねー。
小さな肘掛けで手が当たっちゃって「あ、ごめん」とか(笑)
そういう甘酸っぱいくすぐったいやつ。
心臓がドキドキしたり、女の子のまつげが長いことに見とれたり。

「土手で二人乗りしてあはははー、みたいのってやってみたかったなぁ!」
って言ったら
「いや、それは普通に無いだろう。」
と言われた僕は、恋愛にすこし理想を抱きたいのかもしれません。
by trash-b | 2007-03-26 23:14 | 日常

みなさまおかぜなどにおきをつけを

今年も去年同様、花粉の影響が少ない。
治ったかと思うのはまだ早いのかしら。
例年なら僕の戦いは五月まで続くはずなので、油断は出来ない。

とある事情でPCゲームをやっているのだが、なつかしい。
無理な(!)作りのゲームをがんばってやるのはひさしぶり。
ほぼ紙芝居みたいなアドベンチャーとか。
でも出来すぎたゲームより愛着がわいたり。

引っ越ししたお知らせを知人・友人に出さなきゃいけないのに
忙しくてはがきも出来ていない。
すくなくとも年賀状のやりとりをしている人には出す予定。
多分次の年賀状を書く季節になる前に。

うーん、しばらく絵を描いていないので
また何か描いてHPにアップしよう。
これは独り言。
by trash-b | 2007-03-25 23:21 | 日常

見るも無惨な

f0028928_2359734.gif


情緒不安定な主婦のように、シンクに卵を割り落とす。
あまりのことにしばし言葉を失い、
次にどうしたらいいかパニクり、
木のへらですくいあげ、ボールに入れる。
幸い余計なものを置いておらず、また日頃掃除もしていたおかげで不純物もなく、
食べられはした。

ぼけてる…?
by trash-b | 2007-03-24 23:04 | 日常

CDもいつかは消えてなくなるのでしょうか?

ひさびさにCDを買った。
まあ大したことでもないのだけど。
買わなくても生きていけるもんだ、と思ったり。
最近バタバタしていて持ってるCDさえ聴いてなくてプレーヤーにほこりが積もってた。

宇多田ヒカルの「Flavor of Life」が好調らしいと聞いて、
いつも買っている妻に「これは買ったのかい?」と訊ねたら、
「アップルストアで買ったよ〜」と。
ええなんだもったいない。
HMVでジャケットを見たとき、キミドリとピンクの色合いが綺麗なデザインだったのに。
アマゾンで調べてみたらピンクの部分しか使ってない。
つまらーん!
キミドリが入ってるからいい色なのに。

つーわけで数枚のうちの一枚がこれ。

Flavor Of Life
宇多田ヒカル / / 東芝EMI
ISBN : B000MGTX96




現物をぜひお店で見てください。
by trash-b | 2007-03-23 23:19 | 趣味

僕は音楽が出来ない

本の整理をしている時に、「歌集さいたま」を開いて眺めていた。
僕には音感がなく、歌集を眺めてみてもメロディは浮かんでこない。

むかしヒマな時に、歌詞だけを読んでいた時期がある。
でもなんでだろう?
ページをめくると、読んだ覚えがあるのだ。
今となっては何でなのか分からない。十代の秘密?
あの頃の僕は、そんな分からないものを眺めて、何を思っていたのだろうか?

「なんか歌ってあげようか。」
と妻が言った。妻はピアノをやっていたせいで、音感があり、楽譜が読める。
そういえば、今まで僕の周りには必ずと言っていいほど音楽の出来る友達がいたな。吹奏楽部に入っちゃって僕が取り残されちゃったり。

音楽は僕のコンプレックスの一つ。
by trash-b | 2007-03-22 23:04 | 趣味