人気ブログランキング |

Trash-b

<   2007年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

在りもしない恐怖、でも。

バラバラ殺人が多くてびっくりするよ。
ついでに町田の芹が谷公園は行ったことあるからまたびっくりだ。
首がねぇ……あってもねぇ……。
見なかったことにしたいよねぇ…。
やれやれ、人間の一部なんて見つけたくないものだ。

母が昔「電車の飛び込み見ちゃったのよ。」なんて話した日にゃ、
僕は想像して眠れなかったもんだがね。そういう話するかね子どもに。
ホームの下って空間あるじゃない?
ああいうところに腕とか落ちてたらどうしようとか
本気で怖くてみないようにしてた時あったもの。
そんなん、公園でだって見たくないなぁ。

殺人者にとっては何でもない風景になるのかもしれないな。
目の前にある死体をどうするかで頭がいっぱい。
通常ではないが冷静、とか。

最も恐ろしいものは人間の想像力だって言うね。
闇の中のお化けを怖がって、自ら恐怖の源を作り出す。
僕も自分がいつ死体を見つけるんじゃないかって怖がっている。
ないものを、ある、と思い込む。
やだなぁ、今日眠れるかしら。
by trash-b | 2007-01-11 23:45 | 日常

古き良き時代。

鉄コン筋クリートall in one
松本 大洋 / / 小学館
ISBN : 4091810330




むかーし、すごく気になってたんだけど、
同時に自分には分からないような気がしていた作品。

十年くらい前はまだ世紀末で、マニアック漫画がどんどん前に出てきた頃だった。
周りの人間は「アフタヌーン」とかみんな読んでたし、
そういうジャンルの作品は、ただ面白いだけじゃなくて、
読む側の知性レベルが試されるようなものが多くて、下手すると「わかんない」
ってけっこうあった。
そこに存在するえぐられるようなセンスを、理解出来るのか不安だった。
「ビッグコミックスピリッツ」ではじめて少しだけ読んだとき、
自分を奪われそうになる感覚に、戸惑ったのを覚えている。

時代の変遷とともに、表現はかわっていくからね。
いまはすごく分かりやすいものが前に出てると思う。
今の時代に好いものが前に出るものなんだ。
だからいま「鉄コン筋クリート」を読んだ時、
そういう時代だったんだなぁ、って思う。
はじめて全部読んだのに、何か懐かしい気がしたんだ。
by trash-b | 2007-01-10 21:16 | 趣味

軽薄に、若者たちにアイを捧げる、新年の主張

一月だって言うのにちっとも寒くないね。
いやこれから寒くなるのかな。それでも今日は、上着の中がセーター1枚でも全然平気な日だった。学校も始まって、でもまだ授業は始まっていないのか、昼間っからマクドナルドやドトールは学生服の暴君たちであふれていた。

まぁ嫌いじゃないよ。
たまにそういう学生さんのブログとか覗いたりするしね。
昔と変わんないなぁってこともあるし、
今はそうなんだぁ、ってこともあるし。
そもそも男子校だった僕は、へー女の子ってそうなんだーって思ったり。

今日だってスカートの下にジャージはいてるかわいい女の子とか見て
「ソーナンダー」って思ったしね。
で、彼氏らしきやはり制服の男の子と一緒だからまた
「ソーナンダー」って思ったりね。
何だろね、あれは。「着飾らなくてもいいくらい仲良し」?
ググると結構出てくるのよね、「スカートの下にジャージ」。
うん、まーいろんな理由があるんだね。

やっぱね、同級生が日本酒飲むようになるんだもの。
僕も飲むけどさ、基本的にダメだよね。僕なんかさ、小学生のときから休み時間の過ごし方が「ひなたぼっこ」でさ、だいぶ爺むさい子だったけど、日本酒は飲まなかったものね。当たり前だけどね。年寄りだよね。覇気が無いよね。
あ、でもTくん、今度飲みに行こうね。



うん。
それで今思い出しただけなんだけどね、

「頼むから30代、親殺しとか少女(女性)監禁するとかやめてくれ。」

って思ったの。ホントにね、十代の親殺しより悲惨な気がするの。
きょうび、マックでトランプなんかやって勝った負けたで軽いケンカになっているおおらかな高校生たちがいるって言うのに、30過ぎても心に暗いモノ持って生きるのやめてくれって思うのよ。

「未来」っていいものだと思いたいじゃない。
なーんてやっぱ何言っても年寄りくさいわ、僕。
日本酒がいいよ、やっぱ。
「Mother」ってゲームで好きな物「にほんしゅ」って入れると、
おウチに帰った時、ママが「にほんしゅ」作ってくれるの。

◆○○のすきな
 にほんしゅを つくるわ。
◆それをたべて ゆっくりおやすみ。

純米かな、本醸造かな、それより日本語変だぜ、ママン。
by trash-b | 2007-01-09 22:49 | 趣味

久しぶりの失態

今日は起床したのが午後のかなりヤバい時間で、それはもういわゆる一般的に言うおやつの時間に匹敵する、非社会的な時間だったわけです。職業によっては「そんなの甘い甘い」なんて言われそうな時間であっても、僕の生活からするとお天道様に土下座してもいいくらいの時間なのです。何がそんなに自分を寝かしつけたのか分からないくらい寝ていて、我が家に魔物がいたかのように妻も同じく寝ていたのです。
「ごはんよー。」
「ふふ…おやつじゃなくてね。」

そういうわけで暗い気持ちになっていたので、
ひとつ本でも読もうと今日は夕方の時間を読書にあてました。

三位一体モデル TRINITY
中沢新一 / / 東京糸井重里事務所
ISBN : 490251608X




最近「ほぼ日ブックス」の本て惹かれるんだよなー。
よくわかんないんだけど、手に取ってみたくなって。
デザインも面白いし。
by trash-b | 2007-01-08 18:48 | 趣味

大橋巨セン、なぜかちゃんこ。

夢の中で僕はなぜか洞窟の中に。

洞窟と言っても自然の洞窟ではなく、人工的に作られたような。
ウィザードリィという3Dダンジョンゲームがあるのですがちょうどそのような感じです。
モンスターがリアルにうじゃうじゃいて、僕はその洞窟の扉から扉へ、化け物を避けて走り、時々持っている剣で戦い、先に進んでいます。

テレビゲームをする人はおなじみでしょうが、長い迷宮にはかならず途中の回復やセーブをする場所があります。そこの扉を開けた時、いたのです。

大橋巨泉が。
しかも、ちゃんこ鍋作ってるし。


部屋の真ん中にどかんと座っていて、かたわらにちゃんこ鍋とそれをかき回しているアシスタントの女の子がいるわけです。

で、大橋巨泉は戦いに傷ついた僕に、「ちゃんこを食べなさい」と。
アシスタントの女の子は何だか茶色い液体の入ったペットボトルを僕に渡し、「HPが回復するわよ!」とか言うし。

わけ分かんない。
しかも僕、礼を言って先に進んでるし!
f0028928_23514124.gif

by trash-b | 2007-01-07 23:53 | 趣味

ちょー胃がいたい/ストレスと私

いまちょっとした悩み事があってチョーーー胃が痛いーーーー!
もーかんべんしてよーーー!

あだだだだ……皆さんもストレスにはお気をつけて〜
そんでー「太田漢方胃腸薬II」がすごく効くんだけど、
今日はさっき飲んだけど全然効かないわけよ。

もともと妻が自分のために買った薬なんだけど、
結局僕がいちばん飲んでる気がするーーーー?
世の中ストレス社会だからね、これも試練だね。

悩み?
いやーそればっかりは言えないんだけどね。
ほら、人には言えないことがひとつやふたつあって、
僕みたいなのでもそういうのがあるわけ。
だからね、どんなに粘って今日の日記を読んでくれてもそのことは口が裂けても言えないわけ。




















……言わないよ。
それは人間として必要なことだからね、とかカッコつけてみたり。
本当は悩みなんて無い、とかそういうことはないよ。
ああまたキリキリキリキリキリ………。
by trash-b | 2007-01-06 21:45 | 日常

ちょっと先月から外出多すぎる。

今年の冬を甘く見て、一月だって言うのに春よりちょっと前くらいの格好でお台場なんか行ったものだからもう大変。

さむーーーーーい!

手袋とマフラーで事足りるさ、なんてカッコつけなきゃ良かったーー。
なんとかデックスに入り込み暖を取るが、外に出られない…。いくつかの施設を飛び石を飛ぶように回り、夕食にイタリアンを食べて出ると寒さはピーク。

……あたりまえだな。夜になりゃ寒いに決まってんじゃん。

結局飛び込みでメンズショップに入り、新しいコートを買ってもらいました。
正月なのでお値打ち価格だったのが幸いです。

「す、すぐに着ます!外は寒いんですぐに着ます!」
…ショップのおにーちゃん、何だと思ったろう…?

f0028928_1825334.jpg
by trash-b | 2007-01-05 18:32 | 日常

携帯灰皿

TVを観ている時、JTのタバコマナーのCMが流れていた。
何度か見ているが僕は喫煙者ではないので無関心だった。特に気に留めてなかったが、突然気になったものがあった。
携帯灰皿である。
CMでは数種類の携帯灰皿が映る。どれもちょっとしたいいデザインのアイテムだ。
昔ジッポーライターを集めている、という人を何人か知っていたが、それに近い感じで「携帯灰皿を集めています」みたいなのもありそうだ。そうなると、僕には本当に分からない世界だ。煙草の世界も分からなければ、それを処理する携帯灰皿の世界も当然分からないわけだから。

なんだかうらやましいなぁ。

などと言っていたら、
「あなた欲しそうだから買って来たわよ。」
と妻にプレゼントされた。雑貨屋さんで売られていたものでそんなに高くない…と思ってたら1400円もするんだって!げー。もっとちゃんとしたのって財布ぐらい値が張るのかしら。

f0028928_13204225.jpg


女の子向けっぽくてかわいらしいデザインだね。
ま、前述の通り、僕には使い道が無いんだけどね。
by trash-b | 2007-01-04 13:23 | 趣味

初詣

かんだ鼻紙を電車の中で捨てやがった大バカな若者を見たのは昨日の電車の中で、
「ひどい世の中になったねぇ。」
とホントにじじいみたいなことを言いそうな今日この頃、
「お賽銭って神社の人、総取りなんでしょ?なんか騙されてるみたいじゃね?」
って言う化粧の汚い女が後ろに並んでいたのは、今日初詣に行った神社での話。

いろんなひとがいたもんだ。

まぁだれしも神をも恐れぬ時代のひとつやふたつあるものだからいいけれど、
電車に鼻紙捨てるのだけは勘弁だなー。

小さな神社では地元の人たちが大勢集まっていて、
お札やお守りを焼く焚き火が細かな灰を天に吹き上げていた。
じゃがバターや焼きそばなどの出店も多く、
しばらく神様に会いに来ていなかった僕には新鮮に映った。

神様、信じますか?
僕は半々にして
五円玉を投げてきます。
by trash-b | 2007-01-03 19:30 | 日常

新春バーゲン

新年の挨拶に実家に行った帰り、
妻と新宿ミロードのバーゲンを覗いた。
どこの店もメガホン持ったおネーサンたちががんがんに服やらバッグやらを売りまくっていた。どっかのお店のおねーさんが虎か猫の大きなカブリモのをしていた。顔の部分が開いているものでソコからメガホンを当ててやはり叫んでいる。
服を見る妻をおいて、ぼんやりと「あのカブリもの欲しいなぁ」なんて思っていた。

だっていいじゃない?

そういうの被ってパソコンのキーボード打ってる人がフツーの部屋にいたら。
異空間ですよ。そういう異空間を僕は欲しているのですよ。
……高いのかなぁ。


新宿ミロードの入り口だか出口だかの所、小田急の改札の側にあるで変わったお菓子が売っていたので買ってみた。

f0028928_23214073.jpg

by trash-b | 2007-01-02 23:23 | 食べ物