人気ブログランキング |

Trash-b

<   2006年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

MOTHER3.

夏休みの宿題をかたずける小学生のように、
夏の終わりになってやっと「Mother3」をクリアした。
しかも、二周した。

一周目はストーリーに振り回され、
二周目はゲームのメタ的な部分に感心し。
ゲーム二周やるのはひさしぶり。
たくさんわからないことがあって、たくさん知りたい事があって、
こんなに考えてゲームしたのは何年ぶりだろう?
ある意味、ゲームらしくないゲームだと思います。

プレイしていて、
いいところもあった。
そうでないところもあった。
善し悪しの判断出来ないところがよかった。
「君のすべてがスキ」と言うより、
「君の声がスキ」って言えるようなところが、

よかった。

f0028928_1212770.jpg

by trash-b | 2006-08-31 12:20 | 趣味

ブログのかお

ブログのトップ画像を自前の絵に差し替えてみた。
基本的なスタイルはexciteブログのスキンを使用し、文字通り差し替えたに過ぎないので、割と容易だ。こんなことなら早くやってみればよかった。
しかし、ページを開いた瞬間こーいう絵が出てくるのは閉鎖的なカンジでアレだが(笑)とりあえず二種類作って、さわやかな方を10月くらいまで使おうかと。暑さがおさまって秋の訪れを感じたら、もうひとつのに変わるでしょう。

で、このためだけにお絵描きをしたので、サイトのイラストページに一点アップ。

Trash-b ■絵…どこからきたの?

正直僕は、どこからこの絵が出てきたのかわからない…。へんなふく着てるし…。
どこから来たんだろう…。
まぁどこかにいたんでしょう。右耳のうしろとか…。

そういや最近男を描いてないな…。
by trash-b | 2006-08-23 01:02 | おしらせ

彼は花園で夢を見る

彼は花園で夢を見る
よしなが ふみ / 新書館
ISBN : 4403615589




とても古い話なのだけど、
1998年、当時付き合っていた女の子が買ってきた新書館の「WINGS」に、この表題作の「彼は花園で夢を見る」の前編が載っていた。この「WINGS」という雑誌、いわゆる少女漫画誌なので、僕はその話の続きが気にはなったが雑誌がいつ出ているのかも、本屋のどの辺りに売っているかも知らず、そして作家の名前も知らず、年月が過ぎて行った。

それから8年が経とうとしていた。

その漫画の作家が「よしながふみ」だろうと見当がついたのは最近ではない。
数年前、作品のひとつがドラマ化されたりしたことで、見覚えのある絵が本屋さんの目立つ所に見えるようになった。それでも僕は探そうとせず、こんなに年月が経ってしまった。

それで動機らしい動機も無く、この本を手に取ってしまった。
機会を逃すと、また8年経ってしまうかもしれない、と思って。

8年越しで見届けることができた結末に僕は満足した。
by trash-b | 2006-08-15 16:23 | 趣味

できた。

f0028928_2345233.jpg
というわけで、数日前にここで書いた日曜大工の結果。180㎝の長机の板を切ってはって繋げて釘打って、テレビ台に変身してもらいました。一見、ちゃんとしてるように見えるのだけど、作った本人としてはどこが弱そうかは分かっているので、おいそれと重いものを置けない。特に真ん中の棚。

それまで使っていたテレビ台は背丈も低く(40㎝、ニューテレビ台は70㎝)、DVDプレーヤーとPS2をそれぞれに置けなかったので、そのあたりの利便性を中心に簡単に設計図を描いたり、となんだか中学の時の技術の授業を思い出してしまった。

実はコード類の整頓が楽なように後部を程よく開けたりしているのだが、ものを入れてしまったので全く見えない。まぁいいかそんなことどうでも。

なにかを作るのはおもしろいね。
むかしは技術の授業は退屈で好きじゃなかったんだけどなぁ。
むしろ家庭科の方が好きだったし。(何か食えるから?)

f0028928_23564738.jpg

正面。
こう見るとゲームやるための台みたいだけど、ここではゲームをほとんどしない。PS2は僕のと妻のがあって、リビングに一台、僕の部屋に一台というわけだ。しかも最近DSばっかりしてるから(でも3ヶ月前に買った「Mother3」をあんまりやってなくて、まだクリア出来てない)。

棚に付いてるガラス戸は前のテレビ台のものを流用。こうするとホントに見た目大丈夫そう…。でもあそこやここのネジが…(汗)こうして耐震偽造が…いやいや(笑)
きっと大丈夫ー!
by trash-b | 2006-08-13 23:50 | 趣味

ひとにはそれぞれやることがある。

7月の終わりに始めた模様替えの影響はまだ色濃く残り、日々通信販売の梱包を解いたり、何かを組み立てたりして、運動不足の僕は筋肉痛に苦しめられたりした。
というのも今回の模様替えが、ただの自室の模様替えにとどまるものではなく、大きく「部屋を取り替える」という作業だったからだ。

僕と妻の部屋を入れ替える作業だった。

これがまた大変で。自分の本棚、机、テレビ、などなどを移動するだけでも疲れるのに、妻の部屋のものの量もハンパじゃない。僕はあっちに行ったりこっちに行ったりせわしなく動き、家の中を歩いていただけなのに、「足すっきりシート休息時間」を貼って寝て、我ながらあほうな気がしたりしていた。

部屋の形も多少変わり、妻の方も本棚をひとつ買い足したりしたので、その一切の組み立て、整理を僕がやっていた。我が家では基本的に整理は僕の仕事となっている。いや、整理は楽しい。楽しいので無理矢理僕がやるのだ。

ついでに僕は僕の方で、どうしても部屋に入らない長机が出てしまったので、これを粗大ゴミとして処分しようと思ったのだが、ふとつまらん気を起こして、これで棚を作ってみようという気になってしまい、お父さんよろしく日曜大工なんぞをしてしまった。
ちなみに僕の技術の腕は「普通」というなんとも頼りない器用さ。
一応出来たのだが、正直モノを置くのが怖い。座ってみた感じ、潰れはしなかったけど…。

ところで大工道具と一緒に「網戸の張り替え道具」も買ってしまった。ちょっと傷ついてて。蚊とか入ってきたらいやじゃない。なんて思って買ったので、僕は数日中に網戸の張り替えをしているのだろう。

…うーむ、なにしてんだ、ぼくは。
by trash-b | 2006-08-10 02:15 | 日常