Trash-b

しろうと

古い扇風機の音が気に入らなくて、
分解した。

タワー型のせいか分解作業はややこしくなっており、
何だかいろいろずれたような気がした。しかも
音の原因は古くなったモーター部にあるようすで
僕には全く手が出ない。

とりあえず元の形に整えてみたが、
ファンが途中で動かなくなった。
首振り機能も途中で止まってしまう。
しまった、壊したか。
何度か開いてみるがこの原因も分からない。
つまり
僕に扇風機の事は全く分からないのだ。
分からないのに分かるフリを、いや分かるだろう、と思い込んで
開けてしまったのがいけなかったのだ。

そうやっていろんなものを分解してよく母親に怒られたっけな。
いまでも変わらないらしい。
つまり生まれつきだ。
「生まれつき分解したい男。」それがきっと僕なのだ。

わからん、と作業をやめ、組み立て直し、
べしべしと扇風機を叩く、無理矢理首を振らせる。
すると何事も無かったように動き出す。もちろん
首振りもする。

「もう君の事は分からない。」
そんな気持ちだった。
[PR]
by trash-b | 2008-07-03 23:31 | 趣味