人気ブログランキング |

Trash-b

師走前にバタバタ…

朝のんびりしていたら宅急便が来た。
何だかずいぶんでかい箱。妻に聞いたら「踏み台」と返って来た。
それにしてもでかいだろう、ちょっとした椅子くらいあるぞ、と言ったら、
「だって椅子にもなる踏み台だもん。」だって。
そりゃ大きいよ。僕、座れたもの。
前々から高いところの作業はキャスター付きの椅子に乗ってフラフラしていたのでこれで安心。高すぎる本棚の問題もこれで解決。何だかプチ図書館みたいだ。

お昼を過ぎてまた宅急便。これは今日届く予定だったから待っていた。今度は箱が三つ。
夕方から出かけるので髪を切らなきゃ行けない。宅急便を待っていたので、時間がない。すぐに髪を切る。

雑誌とか通販のカタログとかが、開封されないまま部屋に転がっている。
今はまだいいや、でも明日か明後日には開けなきゃな、と思っている。

夕方靴を履いて行こうとした時、マフラーを巻き忘れた。
寒いのでせっかく結んだ靴紐を解いてマフラーを取りに戻る。
巻き方を忘れて何となく不満。ついでに香水を振るのを忘れてやっぱり不満。
これだから普段出かけない人は。自分で自分を責めてみたり。

五分ほど歩いたときに、「ああコートをクリーニングに出すのを忘れた。」
一時間くらい前までは覚えていたのに。
僕は、マフラーも香水もクリーニングも忘れ、あとは記憶ぐらいしか忘れるものはない。

行った先は立食パーティだったので、好きな物をとって食べる。
寿司でも食べようかと思ったら、人ごみに入り損ねて競争に負ける。
「生存競争に負けた顔をしている。」と妻に言われて、
ああどうせ僕は戦うのは苦手です、と開き直る。
かわりにまだ人の少ないケーキコーナーでケーキを端から食べまくる。
ムース、パイ、シュークリーム、ショートケーキ、プディング、タルト。
満腹。むしろ気持ちが悪い。

生活の細々したことで足を引っ張られるのは、自分が望んだ忙しさと違うせいか、ひどく忙しく感じる。こういうときに限って部屋が汚かったりするし。こうして片付けられない人間が生まれるのだな。
ああ、12月はどうなるんだろう。
by trash-b | 2006-11-30 23:35 | 日常