Trash-b

バタイユ「目玉の話」

マダム・エドワルダ/目玉の話 (光文社古典新訳文庫)

バタイユ / 光文社


「眼球譚」のほうはさくっと読めなそうな気がしたので、新約の方で。
ひさびさに読んだけど、相変わらずひどい出来事の話だ。
近頃ソフト変態的な作品を漫画なんかで見かけることもあるけど、
まぁあれはあくまで風俗的なモノであって、やっぱり別物なんだなー。
文章で読むということは恍惚とした美しさを持つけれども、
実写や絵で観たらちょっとツライだけかもしれないな、とか思う。

映像作品て精神性を置いてけぼりにして
見世物小屋と化す時があるからな。
[PR]
by trash-b | 2010-07-30 23:35 | 趣味