Trash-b

自室を持つということ

兄弟がいないので、小さい頃から自分の部屋というのを持たされて来た。
たいそうなことではない。
核家族家庭ならそんな子はたくさんいたと思う。
それでも兄弟のいる友人達からはうらやましがられた。
あるいは自分の部屋という物に無関心な者もいた。
孤立して考えることなど何もないと言うタイプの人だ。
一人の時間が欲しい、というのは案外人それぞれだ。

二年ほど前、引っ越す時に別段必要なかろう、と思って、
あえて自分の部屋を持たなかった。
毎日のほとんどをリビングで過ごしているのだから、無駄だろう。
そう思ってだったが、今度妻の提案によって部屋に押し込められた。

入ってみると案外悪くない。
というより戻って来たな、といった感じ。
せいぜい昔のように妄想にふけるとしよう。
[PR]
by trash-b | 2009-07-23 23:46 | 日常