Trash-b

タグ:テレビ ( 123 ) タグの人気記事

知りたいの量は変わらない

テレビがおもしろくなくなった、なんてことを
よく聞くのでそんなつもりになってみると
たしかにおもしろくはない。
昔は良かったと言えばそうかもしれない。
しかし人気の俳優やタレントをごっちゃと集めて
ドラマやバラエティを作るのは昔から同じはず。
要するにテレビの中に知りたいことが無い。

歌番組は人気の歌を教えてくれたし、
ドラマは今輝いている美男美女を
バラエティは遠い国や未知の世界、
国内外を問わず珍妙な人を教えてくれた。

ネットや携帯のない時代の話だ。
今は知りたいことはテレビ以外のどこかでも手に入ることがある。
テレビにかじりついていなくてもよくなっただけだ。

現代のコンテンツってやつは
つまり「知りたいこと」の取り合いになっているから
タイトなんだね。
[PR]
by trash-b | 2010-01-25 23:45 | 趣味

録画

ドラマに映画にアニメ
日々録画に追われ、消化に追われ、
うっかりハードディスクの残量に気が付かず、
今週はいくつかの番組が録画出来ず、という失敗をついに。
容量の少ない旧型の録画機だけど、
次はもっと余裕を持った機種を買おうと心に決める。

さー録りのがした番組はネットテレビで観ることにしようー。
便利なのはいーけれど、そんなに観てどうなるんだろー。
たのしきゃいいか。
[PR]
by trash-b | 2010-01-17 23:38 | 趣味

軽い洗脳

「ゼーガペイン」を観た後でつい昔録った懐かしい
「N・H・Kにようこそ!」を観始めて、しまったと思う。
激しく自我を揺さぶられてつい死にたくなる。
ああーダメ人間ー。
ダメ人間ー。
笑って観ていられるほど
清く正しくストイックに強靭に生きて来れなかったからなぁ、僕は。

「死ぬのもめんどくさい。」
確かに。

N・H・Kにようこそ! ネガティブパック<オリジナル無修正版> 第1巻 [DVD]

角川書店


[PR]
by trash-b | 2010-01-14 23:24 | 趣味

サジタリウス→ゼーガペイン

今日は一日アニメの日。
つーか例によってたまった番組消化。
CSでやってる「宇宙船サジタリウス」を観ている。
あともう少しで終わりだなー。

同じく妻の要望で録画中の
「魔法の天使クリィミーマミ」。
これもそろそろ終わり。
もうすぐ魔法が使えなくなる〜というお約束に向かって。
アイドルは期間限定の魔法使い、という概念は嫌いじゃない。
やっぱり夢だからねぇ。

2006年にやってた「ゼーガペイン」を最後に。
何かがすごく好きなんだが、いまだに自分でもよくわかってない。
よくわかってないので気になってたまに観かえすのだ。
幽霊っぽいものが好きなのだろうか…。

ゼーガペイン FILE.01 [DVD]

バンダイビジュアル


[PR]
by trash-b | 2010-01-12 23:47 | 趣味

りょうま

このままではたまる一方の「龍馬伝」を早めに処置。
つまづきはいつだって最初の小さな小石。
今のうちにどうにかしよう。

つーわけでざっと1、2話を鑑賞。
やたら香川照之が光るのは、
福山雅治になれない男のひがみなのか?
大河ドラマを観るのはひさしぶりだが、
画面とかカメラとかなんか昔と違う。
情緒的とでも言うか。

今期のドラマはあまり気になるのが見当たらないので
大河に望みをつなぐ。
[PR]
by trash-b | 2010-01-11 23:33 | 日常

宇宙船サジタリウス

CSの「フジテレビTWO」で宇宙船サジタリウス放送中。
昔ドラえもんの後に放送されていて、
かなり熱心に観たつもりだったが、そこは子供の頃の話、
たいして覚えてなかった。

トッピーの名前の通りの突飛なお人好しに、
欲の皮がつっぱって必ず失敗するラナ、
思い込みで強気になったり弱気になったり忙しいジラフに
チームの中で最も役に立つシビップ。
シビップがいなきゃほんとにみんなすぐ死んでるよ、と
シビップ贔屓な僕だったが、結局理想バカのトッピーに
一番引き込まれて記憶に残っていたのかもしれない。
[PR]
by trash-b | 2009-12-07 23:34 | 趣味

気が付いたら

バカ姉弟 (1) ヤンマガKCデラックス

安達 哲 / 講談社


アニメやってたー。
アニメ公式サイト

六巻出ないなー、不定期だからなー、とか
思ってたらなんか知らないうちにアニメ化してるし。
でも新刊の情報無いし。

まあいいか。
ご姉弟の動いてるの見られたし。
あのおでこを拝んで観ましょう。
[PR]
by trash-b | 2009-11-25 23:42 | 趣味

冬の風呂

すこし寒くなってきて風呂がすこしいいと思える季節になってきた。
僕は風呂の時間が好きでないのだけど、冬はすこし寛容になれる。

ニュースも観ずにドラマやらアニメやら映画やらを見ていると
いい現実逃避になる。
いい現実逃避とは世の中のどうにもならない事をぐだぐだと
考えずに生きる事の出来る逃避のことだ。
現実はフィクションほど上手くまとまったりしないので、
時に疲れる。今日も昨日もたくさんのままならない事件があった。
そしてひとつ解決しそうで良かった。

二巻で打ち止めにしていた「涼宮ハルヒシリーズ」を読み直すことにした。
かれこれ何年か前のアニメ化するちょっと前、
話題になり始めて本屋に大きく並べてられていた、
先見の明と言うには遅すぎる、中途半端な頃に手をつけ、
なんとなくフェードアウト。アニメは観てたけど。
映画化は自分の中では関係ないと思うけれど、何か無意識は働いているかもしれないと
思って、読み直そうか、と思った気持ちに正直に従ってみることにした。
何かおもしろいことがあるかもしれない。
どうでもいいけど、アニメの映画最近多いな。

レンジでチンするカップヌードルを食べたが、
まだ一度なので何とも言えないが、
別にチンしない方がいいんじゃないか?お湯でいいんじゃないか?
[PR]
by trash-b | 2009-11-10 23:54 | 日常

僕は一体…

ドラマの「JIN」を観ながら、妻に
「このドラマは次は観ない事にする。」と宣言した一週間後、
しっかりと録画までして観ていた。

そして、

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)

森 薫 / エンターブレイン


発売したのを知っていたが、特に理由はなく
(エマは読んでたけどこれは読まないだろうな。)
と思っていたのに、本屋に行った時にふらりと見かけ、
買ってしまっていた。
「買うつもりはなかったんだけど。」と妻に話すと、
「何してんのあなた」と笑われた。

「っていうか言ってる事とやってる事が矛盾しすぎてるじゃない。」
そのとおり。
しかもかなり奇矯な行動とも言えるほどに。
なんだかな。
[PR]
by trash-b | 2009-11-09 23:50 | 趣味

人間失格

人間失格 (集英社文庫)

太宰 治 / 集英社


アニメで「人間失格」の最終話をやっていたのを観ていて、
なんだかちょっと読み直したくなって終わりの方だけぱらり読み。

……原作おもしれー。
というか人を笑わそうとしているのかしら。
アニメは幻想的でそれはそれでよいと思ったけど、
(こんなかんじだったかな?)
と思った僕の記憶は正しく、また違った感動を覚えました。

………今絵にするには問題あるんだろーなぁ。
[PR]
by trash-b | 2009-11-01 23:40 | 趣味